POWERED by
・2022/8/23 すべての出演アーティスト情報が公開されました。 ARTISTS
・2022/7/21 会場が天文館公園とセンテラススクエアに決定しました。
・2022/7/4 協賛の募集を開始いたしました。 協賛募集
 

 

音楽の息づく街、鹿児島へ
 

2017年に産声を上げた鹿児島ジャズフェスティバル。2019年には67,000人の動員を記録し、「本物にこだわった国内屈指のビッグ・フェス」として全国メディアにも取り上げられるなど成長してきました。コロナウィルスの影響下、2020年は完全オンライン、2021年はリアルコンサート+オンラインで実施するというイレギュラーに見舞われながらも、歩みを止めることなくその時にできることを最大限に表現してまいりました。
集い、にぎわい、その瞬間の空気をシェアすることこそ叶いませんでしたが、とても難しい2年間において新たなノウハウは蓄積され、新しい力をつけた鹿児島ジャズフェスティバルは、念願の通常開催を迎える運びとなりました。
ジャズという音楽の特筆すべき特徴は、即興で組み上げられるアンサンブル。もっぱらアーティストたちは、毎晩違う場所で、毎晩違うメンバーと、即興演奏で音楽を創造しています。共演者の紡ぐ音、オーディエンスの空気感、会場の雰囲気、その場の全てがインスピレーションとなり、二度と再現することのできない音楽に生まれ変わる。それがジャズという音楽のシーンの日常であり、最大の醍醐味です。
私たちが目指すのは、そんなジャズシーンの日常を切り取って濃縮させたようなフェスティバル。そのために、私たちはグループ単位のブッキングではなく、リアルなジャズシーンで活躍するジャズ界のトップアーティストへ個別に出演オファーをしています。そして、ジャズに詳しくなくても、ジャズ通でも、誰もがオーセンティックなジャズを楽しめるように考え抜いた様々な組み合わせを作り、ここでしか聞くことのできない魅力的なステージを提供しています。
 「音楽の息づく街、鹿児島へ。」
音楽が日常に溶け込む街。音楽を愛する人が住む街。音楽を聴きに全国から人が集まる街。次世代のアーティストが育つ街。私たちは、そんな鹿児島の未来を目指し、このフェスティバルを大切に、しなやかに、育ててまいります。

   
天文館公園ステージ背後より
天文館公園ステージ背後より
   

 

オーセンティックなジャズにこだわった、国内唯一のビッグ・フェス
 

「オーセンティックなジャズへのこだわりと鹿児島への深い愛情を糧に、更なる発展を遂げた大注目のビッグ・フェス」

- ジャズ ジャパン - (音楽誌全国版)
 

リアルなジャズシーンで活躍しているアーティストのみが集結する「鹿児島ジャズフェスティバル」
ジャズ以外の音楽を内包するジャズフェスが増える中、鹿児島ジャズフェスティバルは、オーセンティックなジャズにこだわって開催されている国内唯一のビッグ・フェスとして、日本ジャズシーンにおいて注目を集めています。

そして、どこにもない個性的な「組み合わせ」が鹿児島ジャズフェスティバルの大きな魅力のひとつです。ジャズシーンで活躍する実力派のアーティストが、普段見ることのできない様々な組み合わせで各ステージを彩るのだから、ジャズファンならあっと驚く組み合わせが実現していることに気付くことでしょう。

国内外で活躍する日本ジャズシーンのトップアーティスト、現代ジャズシーンを牽引する海外アーティスト、押しも押されぬジャズのエキスパートたちが鹿児島に集結する2日間。ジャズという刹那の芸術が鹿児島を華やかに彩ります。

 
 
 
   
   

 

鹿児島最大の繁華街、天文館を巡る
 
「天文館」は、「てんもんかん」と読み、地名ではなく、住所でもありません。その歴史は古く、江戸時代に遡ります。第25代薩摩藩主の島津重豪が天文観測所として作った「明治館」別名「天文館」がその名前の由来です。昭和初期からは路面電車が開通、鹿児島座(映画館、劇場)が開館するなど、多くの人々でにぎわう繁華街となり、世代を超え、地元の人々に愛され親しまれている場所です。
鹿児島の歴史と魅力が濃縮されたこの「天文館」に設置された二つのステージをぜひ周遊してみてください。 ジャズの醍醐味、即興のアンサンブルが生み出すビビッドなエネルギーは、音楽の境界線を超えて人々を魅了します。
ジャズという自由な音楽を自由にカスタマイズしたあなただけの旅程で。さあ、レッツかごジャズ!
 
   
   

 

 
 
 
 

HOME | TOP

主催|鹿児島ジャズフェスティバル実行委員会
共催|天文館連絡協議会 支援|鹿児島市